ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>個人輸入ビジネスってサラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

パチンコ・パチスロ業界の現状

パチンコ・パチスロ業界の現状
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『パチンコ・パチスロ業界の現状』
という内容です。

いつもの輸入ビジネスとは違った、
パチンコ・パチスロの話
していきたいと思います。

ひとりのユーザーでもある僕が
感じていることをコラムという形で書いていきますね^^

(※特にそちらの業界にいたわけではないので、
あくまで素人のプレーヤー目線の意見です 笑)

もし、興味あれば読んでいってください!

パチンコ・パチスロの遊戯人工が減少

pachinko
今までパチンコ・パチスロ好きな方と
話をしてきた中で

「昔の台は良かったなー」
「今の機種は面白くないからヤメた」

って言う人が多いです。

あと、これは体感ですけど、
実際にホールに足を運ぶ人も
少なくなっているとも感じています。

いつ見てもガラガラで
「どうやって営業が成り立ってるん?」
って、思うような店も普通にあるし、

標準レート(4円パチンコ/20円スロット)では
ユーザーが遊んでくれないから、
低貸メインに変更せざるを得ない店舗もあります。

…ただ、その体感も
あながち間違ってはないみたいで、
遊戯人口がどんどん減っているという
データも出されています。

理由は色々あるんでしょうけど、

以前から遊戯していた人は

・昔と比較して面白くないから
・出るまでに時間がかかるから

などの理由でやめてしまって

やったことのない若者は

・貯金などの堅い考え方が増えている
・スマホとかネットの普及で別の遊びで楽しめるから

などの理由で始めへんのかなと思います。

僕の周りでもやっている人は少なくて
知り合いに話を聞いても、
専業(プロ)を辞める人が増えていっています。

個人的にはまだまだ楽しめる台をつくって欲しいし
ホールには活気があって欲しいと思う反面、

どんどんユーザーが離れていって
業界の将来は暗そうな印象です( ;∀;)

パチンコ・パチスロの規制

pachislot
パチンコ・パチスロの規制
毎年のように変わっていっています。

遊技台の出玉性能(どれだけ出るか)とか
ホールでの換金率(△枚返したら□□円になる)とか
なんかしょっちゅう変更、
というか強化されている気がします。

”射幸性を煽らないようにする”
”ギャンブル依存症対策”

のような理由で、

「出る台はダメです!検定を通しません!」

っていうのが現状で、
そのルールを守らないと
メーカーは遊戯台を販売できないし
利益を生めないです。

メーカー側は規制に縛られながらも、
努力してその中で楽しめる台を
開発しておられると思いますが、

ただ、この規制も
ユーザーが離れていく要因
になっていると思います。

たとえば、

数年前までは”等価交換OK”
最初に借りた玉・メダルは
換金するときにも同じレートで交換できます。

これも今では、
全国的に等価交換の禁止が進んでいっています。
(この規制は各都道府県の条例によります)

換金率は店によるんですが、
1000円 → 50枚で借りたメダルは
換金するときには56枚 → 1000円の価値になったりします。

当然打ってる側としては、
せっかく出たメダルなのに
「換金したら今までより少ない」
って感覚になります。

他にも

パチンコの中には
1/380で大当たりする機種(MAXタイプ)
がありました。

なかなか当たらないけど、
当たったときの爆発力が魅力で
多くの人に好まれてきましたね^^

でも、それも規制が入り上限が1/320まで
大幅に下げられてしまったので、
これまたパチンコファンは
離れていく要因になりましたね。

こういった規制が何回もかかって
2018年はもっと強い規制になることが
すでに決まっています。

もちろん規制で救われる人もいるんでしょうけど、
いちユーザーとしては残念な気持ちの方が大きいです。

「昔は良かった」
と言う人の気持ちもなんとなくわかります(TT)

悪い循環になっている

pachinko
パチンコ・パチスロ業界が
悪い循環になっています。

まずそれには遊技台、
つまり、パチンコ・パチスロ台の価格について。

10年前に比べると、
現在は機種1台ごとの
価格が高騰しています。

台の中に役モノが沢山付いたり
正面の液晶以外にもサブ液晶が付いたりで
1台当たりの価格が高くなっています。

特に中古の市場はすごいみたいで
新台なら45万円とかなんですけど、
中古やと100万円以上
高いと200万円になっている機種もあります。

<中古機種の相場>
pachislot-second-hand-price

メーカーも作り手として、
色んな規制をかいくぐりながら
楽しめる機種を開発されているでしょうし、
面白い機種も確かにあります。

でも、そこにお金がかかってると
こんな循環が起こります。

ホールがメーカーから高値で台を購入

ホール側の出費が増える

お客さんから新台導入費用を回収する

遊戯人口が減少しているから
1人当たりからの回収額が増加する

負ける人が増える

勝てないのでやめる人が増える

さらに1人当たりからの回収額が増える

…繰り返し

結局のところ、
辞めていく人が増えて、
新規の顧客もあまり増えてないから
ヘビーユーザーが遊戯していることが多いと思います。

でも、そのヘビーユーザーも
このまま業界が衰退していくと
離れていきそうな気がします。

個人的な感想としては
まだまだ面白いんですけど、

確かに以前よりも爆発しにくく、
出るスピードも遅いから
客離れが増えてるんかなと思います。

また、大手メーカーや大手ホールの利益としても
昨年度の8割減とか、右肩下がりで年々下がっている状況みたいです。

この先どこかで、
この悪い流れは変わるんですかね?

パチンコ・パチスロ関係の方や
プロとして生計を立てている方は
この先どうなるんでしょうか。

最後に

pachislot
パチンコ・パチスロ含めたギャンブルって
趣味だとか、仕事だとか
自分の中でわり切って考えられるなら
大いにアリだと思います。

ただ、現状としては
ひと昔前に比べると
業界に向かい風が吹いているのは確かです。

もし、あなたが業界の仕事をしていたり
プロとして生活していたとして、

数年後に会社から突然クビにされたり
なかなか稼げなくなって、
他の職を探すことになったらどうですかね?

僕は今の内から
”別の収入の柱をつくっておく”
のが賢明だと思います。

タラレバの話なんですけど、
将来をよく考えてみると
かなり現実的にも見えてくるんじゃないですかね。

でも、そのことに気が付いた
今この瞬間から準備を始めておくと、
余裕を持って生活ができるはずです。

特に、パチンコ・パチスロの経験者のイイところとして
”先にお金を入れて、後でそれ以上の金額を回収する”
という流れが常識として備わっています。

それはビジネスの基本的な考え方で、
僕の取り組んでいる『輸入ビジネス』でも同じです。

パチンコ・パチスロのユーザーは
ノウハウさえ素直に実行できれば、
すぐに実績を出せるポテンシャルを持っていると思います!

もし、別の収入源をつくることに興味があれば
僕のメルマガ別記事も読んでみてくださいね^^

それでは今回はここまでとします。

今回の内容は『パチンコ・パチスロ業界の現状』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!