【無料動画100本付き】メルマガ

mailmagazine

中国輸入のリサーチ、販売に最適なおすすめ無料/有料ツールまとめ

中国輸入のリサーチ、販売に最適なおすすめ無料/有料ツールまとめ
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は、中国輸入でのリサーチ・販売に使えるおすすめツールのまとめです。

今まで僕が使ってきたツールの中から

・特に「便利やな~」と感じるもの
・現在も使っているもの

をあなたにもご紹介します!

ツールがいっぱいありすぎて何を使おうか迷っていたり、
初めて聞いたツールがあったりすれば、
一度試してもらえたらと思います^^

中国輸入ビジネスに使える無料/有料ツール

ここで挙げるツールは大きく分けて

・ウェブ上で使うもの
・インストールするもの
・「Google Chrome」の拡張機能

です。

無料、有料どちらもあるので
気になったツールは詳しく調べたり
実際に使ってもらえたらと思います。

中国輸入ビジネスに使えるおすすめ無料ツール

モノレート

monorate

monorate

Amazonの商品ランキングや販売価格、出品者数などの
数ヶ月間の推移を表示してくれるツールです。

中国輸入におけるリサーチの基本となるサイトなので
是非とも使い方をマスターしておきましょう。

モノレートの使い方

FBA料金シュミレーター

fba

fba

Amazonにて商品を販売した際に
かかってくる手数料を計算できます。
(出品手数料やFBA配送料など)

販売価格を自由に設定してシミュレーションできるので
商品を仕入れる前にどのぐらいのコストが必要か
チェックしておきましょう。

FBA料金シュミレーターの使い方

ショッピングリサーチャー

shopping-researcher

shopping-researcher

Amazonでの商品リサーチを効率化してくれる拡張機能です。

簡単に説明すると、先ほど紹介した
「モノレート」や「FBA料金シュミレーター」などの
便利なサイトへのリンクを表示してくれます。

いちいちブックマークから別タブにて開かなくても
1クリックで表示できるのでスピードアップとなります。

「ショッピングリサーチャー」の導入手順と使い方

XDEALER.PRO

xdealer.pro

xdealer.pro

※2017年はツール名が「XStock3」でしたが、
現在は「XDEALER.PRO」に変わりました。

「XDEALER.PRO」はAmazon商品ページにて
出品セラーの在庫数を表示してくれる拡張機能です。

”どのセラーが何個在庫を抱えているのか”
がひと目で分かるため

リサーチ時に参入するかどうかの判断や
価格調整のやり方などに活かしていけます。

「XDEALER.PRO」の導入と使い方

いめーじあっぷ

imageup

imageup

「いめーじあっぷ」はヤフオク出品ページにて
画像を10枚以上(最大100枚近くまで)掲載できるツールです。

ヤフオクでは通常10枚までしか掲載できないので
かなり枚数を増やせることになりますね。

やっぱり商品の画像が多いと
ページを見てくれる人に対して
より多くの情報を与えることができます。

文字ばっかりで説明されるよりも
画像の方が具体的に分かりますからね!

さらに、落札後に「イメージと違った」といった返品依頼や
低い評価が付きにくくなるという追加効果もありますよ。

いめーじあっぷの使い方

appツール

apptool

apptool

「appツール」も
ヤフオクの出品に使える便利ツールですね。

具体的にできることはこんな感じです。

・商品の出品
・個別/一括で商品の再出品
・個別/一括で注目オプションを付ける
・出品内容を一部変更して再出品
・取引ナビのメッセージや評価の送信
・売上、アクセス数の管理
など

特に、扱う商品数が多い場合、
ヤフオクサイトから1つずつ再出品をするのは
かなり手間がかかります。

それがappツールなら、
チェックして再出品を押すだけで済むため時短になりますね。

appツールを使う

中国輸入ビジネスに使えるおすすめ有料ツール

ここからは有料ツールです。

お金がかかる分、
無料ツールにはできないことが多いですし
めちゃくちゃ活躍してくれるツールです。

どれも月額制なので、
使ってみて合わないと感じれば
すぐに利用をやめることもできますね。

無料のお試し期間もあるので
実際に使ってみるのが一番よく分かると思います。

pricetar(プライスター)

pricetar

pricetar

プライスターはひと言でいえば
「利益管理のできるツール」ですね。

1商品ずつをエクセルで入力して利益を計算するのは
めちゃくちゃ時間がかかるうえに、

人の手でやっていると入力ミスもあり得るので
正確な計算とならないことも…。

そこで、そういった単純作業はツールにお任せして
かつ正確に売上や利益率を計算をしてもらいましょう。

しかも、プライスターでは

・在庫数チェック
・価格の自動改定(ライバルの追跡)
・Amazon出品作業
・サンクスメール
など

他にもできることが多いくかなり便利ですし、
初心者からでも使いたいツールですね。

無料で使える期間も30日あります。

プライスター

Nint for Seller(ニント)

nint

nint

ニントはAmazon販売におけるリサーチに役立つツールです。

相乗りでも、OEM販売でも活用することができて
市場規模や商品の販売個数などの
詳細データを調べることができます。

マークしているセラーの類似セラーを
引っ張ってくることも可能なので、
芋づる式で相乗りセラーを見つけることも!

無料で使える期間もありますし、
詳しい使い方やNintでできることは
別の記事にて解説しています。

Nint for Sellerを使うメリットや料金体系

あまログ

amalog

「あまログ」もAmazon販売にて使えるリサーチツールです。

Nint同様に端末にインストールするんじゃなくて
サイトにログインして使うタイプですね。

amalog

amalog

■「あまログ」でできること

・登録セラーの月間売上や扱っている商品を表示
・商品が月に何個売れているか、ランキングが何回変動しているかの表示
・月間販売数やFBA出品者数などの任意の条件で絞り込み
・CSVでのデータダウンロード

複数セラーを登録して一気に商品を検索できるので
相乗り販売のリサーチでもかなり使えますね。

そして、あまログも嬉しいことに
無料で使える期間がありますので
興味があればどうぞ。

あまログを使ってみる

まとめ

今回は中国輸入ビジネスで使えるおすすめツールを
いくつか紹介させて頂きました。

tool_matome

Amazon販売で使えるものもあれば、
ヤフオクで使えるものもありましたね。

あなたの販売先サイトや販売手法に合わせたツールを使ってもらえたら
より自由な時間を生み出せるので、ぜひ活用してみてください^^

メルマガでは初心者からでも学べる
中国輸入ビジネスの無料講座を配信中!

動画やPDFマニュアルのプレゼントもあります。

無料講座を受けてみる

それでは今回はここまでとしますね。

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームやLINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください