ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>個人輸入ビジネスってサラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

≪Amazon≫長期休暇に入る前にしておきたい3つの設定

≪Amazon≫長期休暇に入る前にしておきたい3つの設定
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『Amazon 長期休暇に入る前にしておきたい3つの設定』
という内容で解説していきます!

年末年始などの
長期休暇になると
商品の配送関係も
普段とは異なると思います。

そんな場合の
設定方法と手順を紹介していくので
ぜひ活用してみてください!

Amazon 長期休暇に対する設定

年末年始などの長期休暇に入ったら、
平常通りの配送とは
いかないこともあります。

FBA配送を利用していれば話は別ですが、
自社配送をしているのであれば
その長期休暇のタイミングだと
対応できないんじゃないですかね?

親元に帰省などがあれば、
一時的にAmazonの販売も
休止せざるを得ないかもしれません。

そんなときのために
長期休暇に入る前にしておきたい3つの設定
を紹介していきます。

どれも簡単なので、
あなたの状況に合う設定を入れて

購入者さんにも
迷惑がかからないように
しておきましょう!

リードタイムの設定

リードタイムの設定
つまり、出荷までの日数を変更することで
うまく対応できます。

具体的には
注文が入ってから出荷までの
日数を通常よりも伸ばして、

年明けの営業日に合わせた日数設定
にすることができます。

逆に、この設定ができていないと
普段が1,2日で発送可能な設定だと
そのまま商品ページには掲載されますね。

…ということは、

購入者さんが
「明日着くんやったら買お!」
と思って買ってくださっても

年末年始で配送ができない場合は
待って頂くキャンセルとなります。

せっかくの販売機会を
失ってしまうのと、
キャンセルが続けば
パフォーマンスの評価にも
悪影響が出ます。

amazon-setting-long-vacation

最悪はアカウント運営にも響いてくるので
ぜひ注意しておきましょう!

それでは、
リードタイムの設定の手順
を合わせて解説しておきます。

【リードタイムの設定手順】

1.セラーセントラルの「在庫」→「在庫管理」をクリック!
amazon-setting-long-vacation

2.該当商品について、右側のタブから
「詳細の編集」を選択します。
amazon-setting-long-vacation

3.次に、出品情報の中にある
「出荷作業日数」を変更していきます
amazon-setting-long-vacation

4.実際の販売ページにて、
設定した日数が加算された配送予定日
掲載されていればOKです!
amazon-setting-long-vacation

店舗名の変更

店舗名を変更するのも有効です。

たとえば、

『○○ストア(12/29~1/4は休業)』

などですね。

先ほどの配送予定日の変更とは別に、
購入者により分かりやすく
提示することができます。

【店舗名変更の手順】

1.セラーセントラルの「設定」→「出品用アカウント情報」をクリック!
amazon-setting-long-vacation

2.左上の「出品者のプロフィール」をクリックします。
amazon-setting-long-vacation

3.右側のボックスにチェックマークを入れた後、
「表示名(店舗名)」を変更していきましょう!
amazon-setting-long-vacation

アカウント休止設定

続いて、
アカウントの休止設定
をすることも可能です。

これは出品商品すべてに対して、
一括で休止の設定をすることになります。

商品毎にリードタイムの設定を
しなくて良い場合には、
こちらの設定の方が簡単ですね!

【アカウント休止設定の手順】

1.セラーセントラルの「設定」→「出品用アカウント情報」をクリック!
amazon-setting-long-vacation

2.出品用ステータスのところにある
「休止設定」をクリックします。
amazon-setting-long-vacation

3.状態をアクティブから「休止」に変更して
「保存」を押せば設定完了です!
amazon-setting-long-vacation

最後に

紹介した設定を入れれば
長期休暇の時期にも
購入者にも分かりやすく
店舗の案内をすることができます。

また、長期休暇以外にも
店舗都合で配送を遅めにしたい
休止にしたいときには
使える設定になります。

ぜひ状況に合わせて活用してください!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『Amazon 長期休暇に入る前にしておきたい3つの設定』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

【期間限定】
メルマガ登録で「ゼロから始める輸入ビジネスのテキスト」無料プレゼント
mailmagazine

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!