【無料動画100本付き】メルマガ

mailmagazine

≪中国輸入≫容積重量(体積重量)を計算した仕入れの考え方

≪中国輸入≫容積重量(体積重量)を計算した仕入れの考え方
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『≪中国輸入≫容積重量(体積重量)を計算した仕入れの考え方』
という内容で解説していきます!

中国輸入ビジネスにおいて
容積重量(体積重量)は利益に関わってくる大事な要素です。

容積重量を考えずに仕入れを決行してしまうと
思いもよらない莫大なコストがかかる可能性もあります。

この記事を参考にして、
注意点や計算方法などを学んでおきましょう!

容積重量(体積重量)とは

そもそも『容積重量(体積重量)』って何なの?

って話ですよね。

めっちゃ簡単に説明すると

発送する荷物の”サイズ” を ”重さ” へと換算したもの

これが「容積重量」です。

同じ意味として「体積重量」とも言われ、
英訳すると「Volume Weight」となります。

また、サイズによって変化する「容積重量」に対して、
重量計などで計った重さは「実重量」といいます。

荷物の輸送時には
この「容積重量」と「実重量」を比較して
重い方の料金を適用するというルールがあります。

volume-weight

そのため、

”実重量が1kgでも、容積重量では5kgになる”

なんてケースもあります。

容積重量の考え方

volume-weight

輸送便には1回で運べる重さやスペースに限界があります。

そのため、軽い商品より
重い商品の輸送料金を高くしないと
バランスが保てなくなります。

例えば、
荷物を積んだある航空便には
まだ半分のスペースが余っていたとします。

でも、重い商品ばっかりで重さの限界に達したら
もうこれ以上の荷物は積めないです。

すなわち、

本来なら余っているスペースに入るはずの荷物が積めない
= 輸送費が回収できない

となります。

そして、この考え方は
実重量だけじゃなくて容積重量でも同じですね。

輸送便のスペースが埋まったけど
軽い荷物ばっかりで全然重さがない場合でも同様です。

なので、実重量と容積重量どちらにしても
重くなるほど送料は高くなります。

商品を輸入する際には
実重量だけでなく容積重量も重要な項目
という訳ですね。

容積重量(体積重量)の計算方法

容積重量の計算方法
荷物の3辺(縦・横・高さ)の合計を
ある数字で割ることで出てきます。

volume-weight

”□□” となっている箇所は
配送便(飛行機か船か)によっても変動するし
業者によっても変わってきます。

補足 国際航空運送協定<IATA協定>では
5000(m3/kg)を基準としています。

文字だけで書いても分かりにくいので
実際に計算してみますね。
(今回は係数を5000で計算)

volume-weight

縦:40cm、横:50cm、高さ:60cm
のサイズの場合、
容積重量は「24kg」となります。

もし仮に「5000」で計算している数値が

「6000」なら20kg
「8000」なら15kg

と変動します。

中国から商品を輸入するときには
この数値がいくらで計算されているかも
見ておくといいと思います!

仕入れにおける容積重量(体積重量)の考え方

輸送が絡む仕事に携わっていないと、
「容積重量」ってなかなか馴染みのない言葉だと思います。

僕も輸入ビジネスを始めるまでは
一切聞いたこともありませんでしたし、
始めた当初は完全に無視していました 笑

でも、中国からの輸入時に
容積重量を考えずに商品を仕入れると
実は国際送料がかなり高くつく場合があります。

先ほどの計算結果(容積重量:24kg)で考えてみると、

この荷物の実重量が仮に10kgやったとしても
輸送時の料金計算に使われるのは容積重量の24kgです。

これを実重量10kgのまま
利益計算していたのであれば
大誤算となる訳です(゚Д゚;)

容積重量の影響で国際送料が膨らむと
予想していた利益のほとんどが飛んでいったり、
下手すれば赤字にもなります。

利益計算をするうえで実は大切な要素なんですね。

特に初心者であるほど
容積重量は見落としがちなので
気をつけていきましょう!

最後に

volume-weight

この記事で

国際送料には容積重量が深く関わっている
ってことが理解してもらえたかと思います。

僕が中国輸入を始めた当初は容積重量で失敗したので
あなたには同じ轍を踏んでもらいたくないです。

今まで実重量だけを考えて
リサーチや仕入れをしていたのであれば
ぜひこの機会に見直してくださいね。

もちろん、これから初めての仕入れでも
発注前にもう一度チェックしてみてください。

問題なければそれでいいですし、
問題に気づけたなら仕入れる前なのでこれ幸いです^^

【期間限定】2つのマニュアルを無料プレゼント
「ゼロから始める輸入ビジネスのテキスト」

tyuugokuyunyuunosai

「会社と輸入のダブルポケットで
プライベートをより自由にするためのルールブック」

rulebook-small

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

実は容積重量の計算方法を安くしている
輸入代行業者さんもあります。

同じ荷物でも業者が違えば
仕入れコストを抑えられるので
比べてみるといいと思います^^

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください