メルマガ登録【限定プレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!
(しかも、ご登録者には+αの特典付き!)

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける。






JANコード取得方法をイチから解説

JANコード取得方法をイチから解説
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『JANコード取得方法をイチから解説』
という内容で解説していきます!

輸入ビジネスを実践していく中で
「JANコード」
Amazonにて新規出品登録をする際に
必要になってくるコードです。

現在は相乗り出品だけだとしても、
いずれ新規出品をしていくのであれば
早めに取得しておくことをオススメします!

新規出品をして
独自の商品ページが持てれば
より安定した商品販売ができますので、
ぜひ検討してくださいね♪

GS1事業者コード・JANコードとは?

「JANコード」を取得するには、
まず「GS1事業者コード」の取得が必要です。

GS1事業者コードは、国際的な流通標準化機関であるGS1(ジーエスワン)が定める
国際標準の識別コードを設定するために必要となるコードです。
国際的にはGS1 Company Prefixと呼ばれ、日本では最初の2桁が
「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号です。

一般財団法人 流通システム開発センター

JANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、
世界共通の商品識別番号です。
JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、
当センターから貸与された「GS1事業者コード」を用いて、
商品ごとに設定します。

一般財団法人 流通システム開発センター

簡単に言うと
取得した「GS1事業者コード」を使って
「JANコード」
取得することになります。

そして、「JANコード」って
実は日頃からよく目にしている
「バーコード」の事です。
販売する商品に対して
13桁のコードが付与されています。

…ということで、
まずは「GS1事業者コード」の取得方法
から見ていきましょう!

GS1事業者コードの登録申請方法

インターネット、又は書類にて
「GS1事業者コード」の登録申請ができます。

HPはコチラ ☞一般財団法人 流通システム開発センター

インターネットからの登録の場合

上記リンク先の
「Eメールアドレスの登録」
から順に進めていきましょう!
(動画でも解説!)
jancode

書類で申請する場合

全国の商工会議所・商工会にて
無料で配布されていますので、
もらいにいってから進めましょう!

※どちらの登録でも費用が必要で、
登録申請料が掛かってきます。

業種・年商によって
費用が変わってきますが、
年商が億単位でない限りは
”12,960円”で申請できます。

登録申請が済めば、
1~2週間ほどで完了の通知が
届くと思うので心して待ちましょう^^

JANコードの取得と設定手順

それでは、Amazon新規出品の際に使う
JANコードを取得と設定
をしてみましょう!

JANコードには、
標準タイプ(13桁)短縮タイプ(8桁)
の2つの種類がありますが、

Amazonでの新規出品には
標準タイプの13桁を使います。

覚えておいてくださいね!

JANコード標準タイプ(13桁)の構成

JANコードは、
以下の3種類の数字から
成り立っています。

①GS1事業者コード(9桁)
→センターから貸与

②商品アイテムコード(3桁)
→任意で設定

③チェックデジット(1桁)
→計算から算出

jancode

①はあなたに与えられた番号(固定)
②は商品ごとにダブらないよう好きな数字を設定(変動)
③はサイト上での計算にて算出(変動)

となっています!

チェックデジットの計算サイト
はコチラ
チェックデジットの計算方法

チェックデジット計算手順

それでは、
チェックデジット計算手順
を見ていきます!

手順はとても簡単なので
覚えておきましょう!

1.「①GS1事業者コード(9桁)」+「②商品アイテムコード(3桁)」
を左の欄に入力して「計算」をクリック!
jancode

2.右の欄に計算結果が表示されました!
この表示された「③チェックデジット(1桁)」
末尾にプラスして
13桁のJANコードが完成です。
jancode

3.Amazonの新規出品登録画面にて
先ほどのJANコード(13桁)を入力します。
入力欄の右側にあるプルダウンの選択は
「EAN」にしましょう!
jancode

以上で、JANコードの取得・設定は完了です!

最後に

Amazonでの販売は
初めのうちは相乗り出品から始めることを
オススメしていますが

いずれ新規出品をすることになれば
この「JANコード」が必要になってきます。

その時にスムーズに新規出品に移れるよう
ぜひ今の内から申請をしておきましょう!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『JANコード取得方法をイチから解説』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

【期間限定】
メルマガ登録で「ゼロから始める輸入ビジネスのテキスト」無料プレゼント
mailmagazine

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

【中国輸入ビジネスを始めるための3ステップ】

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたこと、学んできたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>個人輸入ビジネスってサラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?