無料で受け取れるE-BOOK

中国輸入で副業収入+30万円 新たな人生を手にするための指南書

無料公開スタートアップマニュアル

mailmagazine
橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!
期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント(登録者には+αの特典付き)
「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、個人で稼ぐスキルを身につけられます^^






輸入ビジネス専用の銀行口座を開設しよう

輸入ビジネス専用の銀行口座を開設しよう
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『輸入ビジネス専用の銀行口座を開設しよう』
という内容で解説していきます!

すでに給料用や貯金用の銀行口座を
持っておられるかもしれませんが、

輸入ビジネス専用の口座
をつくることをオススメします。

なんでビジネス専用口座が必要かの理由と
おすすめの銀行口座などもお伝えしていきますね。

ぜひこの記事を参考にして
新しい口座を持つようにしましょう!

なぜビジネス専用の銀行口座が必要なのか?

なぜビジネス専用の銀行口座が必要なんでしょうか?

これは単純明快!

専用の銀行口座をつくっておかないと
プライベートでのお金
ビジネスでのお金が混ざってしまい、
めちゃややこしいからです 笑

例えば

・会社からの給料の入金
・その他入金
・家賃や光熱費などの生活費の引き落とし
・クレジットカードでの買い物の引き落とし
・毎月の貯金 など

こんな感じで
プライベートの入出金だけでも
いろんな項目があると思います。

ビジネスにおいては、少なからず
”仕入れに使ったお金”
”売上として入金されたお金”
が発生しますよね?

でも、さっき例に出したみたいな
プライベートでのお金と同じ銀行口座で管理していると

「あれ?これどっちの費用やっけ?」

てな感じで、区別がつきにくくなります。

もちろん
「全部を管理できるから大丈夫!」
という場合もあると思いますが、

人間って忘れる生き物ですし
物事はシンプルに考えていきましょう。笑

後から何のお金やったかを整理するのに
時間を掛けるのであれば、

少しでもリサーチしたり
読書してインプットたりする方が
いいと思いますよ。

そして、もし
”完全に何の費用かわからない!汗”
となってしまった場合には

ビジネスとして
黒字なのか赤字なのかも
判定できなくなってしまいます。

しっかり利益が取れて
黒字であれば

『自分のやってきたことに対して自信が持てる』

『目に見えてお金が増えていく様に楽しさを覚える』

かもしれません。

反対に、たとえ結果が
赤字であったとしても、

その経験によって
”次はこうしてみよう!” という
これからの行動に繋がっていきますので
全く無駄ではないですよね。

ですが、口座が一緒だと
初めにお伝えしたように

結果が良かったのか悪かったのか判断できない = 行動の振り返りができない

ともなってしまいます。

せっかく時間とお金を使って、
経験を得られたはずなのに
何も残らないってことですね。

こうなっては、ビジネスをするうえで
何手も遅れを取ることにもなりますし、
経験を得られないのはめっちゃもったいないです。

悪いことがあったとしても、
「人生何事も経験」
ですからね!

もし、あなたが
『ビジネス専用の銀行口座』
を持っていないのであれば

このタイミングで
新しく口座を作ることを
考えてもらえたらと思います^^

輸入ビジネスに使える おすすめの銀行口座

輸入ビジネスに使える
おすすめの銀行口座を紹介します。

基本的には利用者の多い

メガバンクの口座

または利便性を考えて

ネットバンク

がおすすめと言えます。

(メガバンクでも別途、申し込みをすれば
ネットバンクも使えるので併用するのがいいと思います。)

また、銀行によって
他行への振込手数料の違いがあります。

つまり、自分の銀行から別の銀行へ
振り込むときの手数料ですね。

銀行によっては無料もあるんですが
1回あたり160円とか250円とかのお金がかかってくるので
積み重なるとけっこうな額になります。。

この手数料をなくすために
利用者の多いメガバンクがいいよって話ですね。

それでは、次に
それぞれの銀行口座についても
解説していきますね!

銀行口座の特徴

【メガバンク】
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行

この3つはメガバンクと
呼ばれている銀行で利用者が多いです。

最低どれかひとつだけでも
持っておくと便利ですね。

【ネットバンク】
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・ソニー銀行
・ジャパンネット銀行
など

ネットバンクは
費用管理が簡単なのが特徴ですね。

最近ではどこの銀行もアプリを展開していて
アプリから残高確認もできるようになっています。

また、急に支払いをしないといけない時でも
PCやスマホの操作だけで振り込みも可能。

わざわざATMや窓口に行って
振り込まなくてよいので
とても利便性が高いです。

僕がメインで使っているのは
楽天銀行ですので、
少しだけ紹介していきますね!

『楽天銀行』

・対象の取引に応じて楽天ポイントが貯まる
・アプリと連携が可能で管理しやすい
・ネット上で残高照会、振込、入出金確認が可能

他口座への振込手数料は
個人のステージに応じた
手数料無料回数/月が変化します。

(預金残高や取引回数によってステージが決まります)

あと利用者が多いところでいうと
『ゆうちょ銀行』
もすごく便利ですので
軽くですが合わせて紹介しておきます!

『ゆうちょ銀行』

おなじみの「ゆうちょ」です。
郵便局は誰しもが使うと思いますので
すごく身近ですよね!

利用者はかなり多いと思います。

ATMからの引き出しにも
手数料はかかりませんし、

申し込みをすれば
「ゆうちょダイレクト」
というシステムでネット管理もできます。

ネット上で残高照会、振り込みが可能で、
振込手数料もダイレクトからの振込であれば
月5回までが無料となります。

あなたのスタイルに合った
銀行口座を作っておくといいですね!

最後に

こまかいところまで言うと
僕がメインで使っている楽天銀行よりも
他の銀行の方が優遇されている面もあります。

それぞれメリット・デメリットがあるし
使い勝手の良し悪しは人によりますね。

参考程度に頭に入れてもらって
「自分にはどこがいいかな?」
いろいろと比較して考えてみてくださいね^^

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『輸入ビジネス専用の銀行口座を開設しよう』でした。

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

【期間限定】2つのマニュアルを無料プレゼント
「ゼロから始める輸入ビジネスのテキスト」

tyuugokuyunyuunosai

「会社と輸入のダブルポケットで
プライベートをより自由にするためのルールブック」

rulebook-small

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください