ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

≪中国輸入≫輸入経費を計算して利益確保

≪中国輸入≫輸入経費を計算して利益確保
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『中国輸入 輸入経費を計算して利益確保』
という内容で解説していきます!

中国輸入ビジネスで
大事にしておかないといけないのが
「輸入経費」です。

国内での仕入れと違い、
輸入ビジネスだからこその
経費が掛かってきます。

利益計算にも直結する内容なので、
しっかり把握しておきましょう!

輸入経費の内訳

中国にて買い付けた商品そのものに掛かる費用
(=商品代金)も当然ありますが、
その他にもいくつかの経費が発生します。

ひとつずつ紹介していきますね!

◆国内送料

これは”中国国内での送料”という意味です。

中国店舗にて買い付けた後、
代行業者の住所までの送料ですね。

代行業者によっては
国内送料を割引してくれたりもありますし、

最終的にかかる金額は
代行業者の見積もりに記載されるので
確認するようにしましょう!

◆国際送料

中国から日本までの国際送料です。

空輸なのか船便なのか、
輸入の方法によって金額が変わってきます。

また商品の体積・重さにより
変動幅はかなり大きいので
注意して見ていきましょう!

※特に、

・仕入れ商品が少量で総重量があまり重くない
・大きいサイズばかりで輸送便の場所を取る商品

といった場合は、
国際送料は割高になります。

軽い商品、小さい商品を
まとめて多く入れるのが
国際送料を割安にするポイントですね☆

◆代行業者手数料

代行業者を利用していればもちろん
代行業者に支払う手数料があります。

・代行手数料(5~7%前後)
・FBA納品手数料(ラベル貼り)
・有料での検品料

などの費用があります。

これは代行業者によって様々なので
あなたの使っている代行業者のHPにて
確認しておきましょう!

<関連記事>

◆決済手数料(PayPal)

PayPalで決済する場合は
手数料として数%が掛かってきます。

パーセンテージは
代行業者によって変わってきますので、
他と合わせて見ておきましょう!

<関連記事>

こちらについては
現金での支払いであれば、
ゼロで考えてOKです!

◆関税、消費税

海外から商品を輸入するときに
発生する税金が「関税」「消費税」ですね。

少し説明もややこしいので
詳しいことは以下の記事を
参考にしてください!

・何に対してどのぐらい税金がかかるのか
・実際に計算する方法

などについて解説しています!

<関連記事>

まとめ

利益が残ると踏んで商品を仕入れても、
実は輸入経費が割高で赤字だった
というケースは十分ありえます。

特に商品体積や重さによって
大幅に変わってきますので、
注意して商品を選定する必要がありますね!

なので、ここまでお伝えした
輸入経費についてしっかり考えて、
最終的な利益を確保しましょう!

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『中国輸入 輸入経費を計算して利益確保』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!