無料で受け取れるE-BOOK

中国輸入で副業収入+30万円 新たな人生を手にするための指南書

無料公開 スタートアップマニュアル

mailmagazine
橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや必須のポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアルをメルマガ登録者にプレゼント!「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、個人輸入で副業月収10万円を得るスキルが身につきます^^






≪中国輸入≫輸入経費を計算して利益確保

≪中国輸入≫輸入経費を計算して利益確保
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『中国輸入 輸入経費を計算して利益確保』
という内容で解説していきます!

中国輸入ビジネスで
大事にしておかないといけないのが
「輸入経費」です。

国内での仕入れと違い、
輸入ビジネスだからこその
経費が掛かってきます。

利益計算にも直結する内容なので、
しっかり把握しておきましょう!

利益計算のやり方

まずは中国輸入ビジネスにおける利益計算のやり方です。

輸入経費の単体を見る前に全体像を見ておきましょう!

【利益計算】
[利益] = [販売価格] - [商品原価] - [Amazon手数料] - [輸入経費]
[販売価格] : Amazon での販売価格(FBA 配送での最安値)
[商品原価] : 中国サイトで見つけた商品の価格 × 為替レート
(例:商品代:20 元 × 為替レート:18 円の場合は 20×18=360 円)
[Amazon 手数料] : 商品が売れた際にAmazonへ支払う手数料(調べ方は別記事にて)
[輸入経費] : 商品の輸入に関わる経費

この計算式で中国輸入ビジネスにかかるコストが見えましたね^^

経費の中には実は色んな要素があるんです。

図で表すならこんな感じです!

import-expenses

ちょっとは理解しやすくなったかな?

利益計算に必要な要素のひとつであるのが
「輸入経費」です。

そして、輸入経費と一言で表しても
その中身としてはいくつかの経費が混じっています。

もちろんちゃんと輸入経費を計算しようとするなら
それぞれ一つずつの内訳を知っておく必要がありますよね。

ということで、
続いて輸入経費の内訳を見ていきましょう。

輸入経費の内訳

import-expenses
中国輸入ビジネスで発生する経費の中には、
中国にて買い付けた商品そのものに掛かる費用(=商品代金)も当然ありますが、
その他にもいくつかの経費が発生します。

「輸入経費の内訳」をひとつずつ紹介していきますね!

国内送料

国内送料というのは
”中国国内での送料”という意味です。

具体的にいうと
中国店舗にて買い付けた後、
代行業者の倉庫までの送料ですね。

中国のどこで製造されているかと
どこに送るかによって送料は変わってきます。

もちろん、

・代行業者の倉庫から遠い店舗で買い付けた場合
・商品サイズが大きい/重い

場合は、国内送料も高めになりやすいです。

代行業者によってはサービスのひとつとして
国内送料を割引交渉してくれることもありますね。

また、商品を販売している店舗によっては
商品単価は安いけど国内送料でけっこう上乗せして
利益を取ろうとしてくるところもあります。

最終的にどのぐらいの金額がかかるは
代行業者の見積もりに記載されるので
確認するようにしましょう。

国際送料

中国から日本までの国際送料です。

空輸なのか船便なのか、
輸入の方法によって金額が変わってきます。

それから、商品の体積・重さによって
変動幅はかなり大きいので
特に注意して見ていきたい部分ですね。

国際送料計算には「体積換算重量」という方式が取られています。

・商品の重さ
・体積(3辺の合計サイズ)を専用の計算式で換算した重さ

を比較して、重い方が採用されるという方式です。

※特に、

・サイズは小さいけどやたら重い商品
・サイズが大きく輸送便の限られたスペースを取ってしまう商品
・仕入れ商品が少量で総重量があまり重くない

といった場合には、
国際送料は割高になります。

軽い商品、小さい商品をまとめて多く仕入れるのが
国際送料を割安にするポイントですね。

輸入代行業者の手数料

輸入代行業者を利用していれば必ず発生するのが
代行手数料です。

<代行手数料の主な項目>
・代行手数料(商品代金の5~7%前後)
・FBA納品(ラベル貼り)
・写真撮影
・商品のセット組み
・有料での検品料 など

これは業者によって様々なので
あなたの使っているところの
HPや担当者にて確認しておきましょう。

実は代行業者を変えるだけでも、
同じ商品を仕入れているのに
コストが安く抑えられることも普通にあります。

単純に考えて、
代行手数料が3%の業者と10%の業者では
7%もの差がありますからね。

対応の早さ、検品の精度などで
その7%分を埋められるかが
比較のポイントだと思います。

僕も今までに5社ほど試してみて
一番いいと感じた業者に落ち着いています。

こればっかりは実際に使ってみた方が比べやすいので、
今使っているところだけじゃなくて
何社か試してみるのをオススメします!

<関連記事>

決済手数料(PayPal)

代行業者への支払いを「PayPal」で決済する場合は
手数料として約4%が掛かってきます。

1万円の決済 → 400円
10万円の決済 → 4,000円
100万円の決済 → 40,000円

となりますね。

銀行振込、国際送金など
現金で支払う場合には全く発生しない費用ではあります。

ただ、Amazonからの入金が約2週間に1回など
キャッシュフローの関係でカード決済を選ぶ場合もありますよね。

PayPalでカード決済する場合は
手数料がかかるのでしっかり計算に入れておきましょう!

<関連記事>

関税、消費税

海外から商品を輸入するときに
発生する税金が「関税」「消費税」です。

ちょっと説明もややこしいので
詳しいことは以下の記事を
参考にしてもらえたらと思います。

・どんな商品に対してかかる?
・どのぐらい割合の税金がかかる?
・実際に関税、消費税を計算する方法(簡易版も)

などについて解説しています。

<関連記事>

まとめ

import-expenses

中国輸入ビジネスでは
リサーチした商品で利益が残ると踏んで仕入れても、
「実は輸入経費が割高で赤字やった。。」
というケースは十分にありえます。

僕も実際のところ、
国際送料でかなり削られていましたし( ノД`)シクシク…

特に商品体積・重さによって
大幅に変わってきますので、
注意して商品を選定する必要があります。

なので、今回お伝えした
「利益計算」と「輸入経費」を仕入れ前によく見て
しっかりと利益を出していきましょう!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『中国輸入 輸入経費を計算して利益確保』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

【期間限定】2つのマニュアルを無料プレゼント
「ゼロから始める輸入ビジネスのテキスト」

tyuugokuyunyuunosai

「会社と輸入のダブルポケットで
プライベートをより自由にするためのルールブック」

rulebook-small

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください