ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>個人輸入ビジネスってサラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

≪Amazon≫自社配送のメリットと出荷手順

≪Amazon≫自社配送のメリットと出荷手順
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『Amazon 自社配送のメリットと出荷手順』
という内容で解説していきます!

Amazonでの商品販売は
FBAでの配送だけでなく自社配送もできます。

どちらも活用できますので、
この記事を参考に
理解を深めていきましょう!

<関連記事>

『自社配送』って何?

Amazonに出品した商品を
配送する方法は2種類あって
『FBA配送』『自社配送』です!

それぞれを簡単に説明すると
注文が入った商品に対して

『FBA配送』…FBA(Amazon)が梱包~発送までをしてくれる
『自社配送』…自身で梱包~発送までをおこなう

という、とてもシンプルな話です。

中国輸入ではFBAとの相性がいいので
基本的にはFBAをオススメしていますが、
自社配送でもメリットは得られますので
検討してみてください!

自社配送のメリット

では、自社配送した場合の
メリットを見てみましょう!

・検品や梱包を自身の目で確認できる
・FBA配送手数料がかからない
・FBA保管料がかからない
・FBAより配送料が安い場合がある

配送料や保管料は
梱包サイズ・重量によって変わりますが、
モノによっては自社配送の方が安くなることがあります。

また「検品・梱包・発送」は
正直なところ手間がかかりますが、

商品が売れた後に
”商品が破損していた”
”付属品が付いていない”

ということは無くなると思います。

◆FBA保管手数料

ちなみに、FBAの保管手数料はこの通りです!
own-company-shipping

この計算でいくと、
そこそこ大きいものは
1ヶ月保管してもらうだけでも
手数料がかさんできますね。。

小型の商品でも
”チリも積もれば…”なので、
FBAを使っている場合は
できるだけ早くサバいていきたいですね!

反対に自社配送の場合は
この手数料分が浮いてくるので
大きなメリットですね。

FBA配送と自社配送の比較

FBA配送と自社配送では実際どのぐらい
利益が変わってくるかを比較してみます。

毎度おなじみの
「FBA料金シュミレータ」
でやってみますね!

own-company-shipping
【拡大した画像】
own-company-shipping

例えば
商品を2,970円で販売した場合
この画像のようになります!

【自社配送】
純利益:2,673円
純利益率:90%

【FBA配送】
純利益:2,339円
純利益率:79%

このように同じ商品でも
”334円”の利益差が出てくるので
けっこう大きいことが分かりました!

<関連記事>

自社配送の手順

FBA配送をメインで使っている場合は、
自社配送の手順が分からないと思います。

自社配送の手順について
順番に説明していきますね!

1.セラーセントラルの左上にある注文管理をチェックしましょう!
ここで『未出荷:1』となっている部分が
自社発送に設定されている商品の注文数です。
『未出荷』をクリックして次に進みましょう。
won-company-shipping

2.「未出荷の注文詳細」の画面になります。
ココでは注文された商品が
記載されている右側に注目です!
own-company-shipping
赤枠で囲った2ヵ所なんですが、

①『納品書の印刷』
納品書を印刷して
梱包の中に入れる必要があります。

FBA配送ではこれも自動で
やってくれているので
あまり意識が無いですが、
自社配送の場合は同梱して送付しましょう!

②『出荷通知を送信』
納品書の印刷・商品の発送ができれば、
出荷通知を送ります!
⇒少し下の手順3になります。

※補足※
商品の注文番号 → 詳細画面
に移った場合も
先ほどと同様の工程を踏めます。
どちらかで進めましょう!
own-company-shipping

3.次は、購入者へ”商品を送りますね!”という通知をします。
「発送方法」「追跡番号(任意)」を入力できたら、
『出荷通知を送信』をクリックするとこれで完了です!
own-company-shipping

最後に

自社配送についてお話ししましたが、
自社配送にはメリットもデメリットもあります。

自動化やカート獲得率とのバランスなども考えて
あなたに合った発送方法を
決めるようにしましょう!

それでは今回はここまでとしますね。

<関連記事>

今回の内容は『Amazon 自社配送のメリットと出荷手順』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!