ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>個人輸入ビジネスってサラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

≪Amazon≫FBA保管手数料の計算方法と長期在庫保管について

≪Amazon≫FBA保管手数料の計算方法と長期在庫保管について
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『Amazon FBA保管手数料の計算方法と長期在庫保管について』
という内容で解説していきます!

とても便利なFBAを利用している場合には
当然、倉庫を借りている分の経費がかかってきます。

その手数料の計算についてと、
合わせて、商品在庫を
「長期間保管しているとどうなるか?」
ということにも今回は触れていきますね!

新しく仕入れてくるものばかりに目をやらず、
この在庫管理についても
ぜひ参考にしてみてください!

FBA保管手数料とは?

まずはじめに、
FBA保管手数料とは…

fba-summary

AmazonのFBA倉庫に保管している
商品在庫に対して発生する
保管費用のことです。

どれだけ費用がかかるかというのは
つまり、どれだけスペースを取っているか
という意味になるので、

商品の体積(3辺の合計)によって、
保管手数料が計算されます。

FBAを利用したAmazon販売においては、
この保管手数料は
経費の一部になってきますね。

ちなみに、
在庫保管手数料は
ひと月ごとに請求されます。

毎月7日~15日の間で
前月分の手数料を計算して、
翌月の決済で請求することになっています。

例えば、
9月に発生した保管手数料は、
10月の7~15日の請求に乗ってきて、
詳細は決済のレポートで
確認できるようになるってことですね。

そして、
”商品がなかなか売れないから”
と、長期的に保管しておくと
その間、保管手数料はずっと取られ続けます。

この手数料は
売上額や利益率といった
直接的な利益ではないため
つい見落としがちですが、
しっかり見ていきましょう!

ここを管理できていれば
その分、利益を多く残すことに
繋がりますので^^

FBA保管手数料の計算方法

続いて、
FBA保管手数料の計算方法
を見ていきますね!

○日あたりの保管手数料の計算式

まず、○日あたりの保管料を計算するには
以下の式に当てはめていきます。

FBA保管料 = 8.126(円) × {[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)} × [保管日数○ / 当月の日数]
<例>

◆梱包サイズ:縦33.5cm、横22.5cm、高さ11.4cm
の商品を30日保管する場合

8.126 × {(33.5×22.5×11.4[サイズ]) / (10×10×10)} × (30[保管日数] / 30[当月の日数]) = 73.993[円]

◆梱包サイズ:縦10cm、横10cm、高さ10cm
の商品を20日保管する場合

8.126 × {(10×10×10[サイズ]) / (10×10×10)} × (20[保管日数] / 30[当月の日数]) = 5.417[円]

↑こんな感じで、
細かい金額まで計算することができます。

でも、この計算式って
なんかごちゃごちゃして
分かりにくいですよね?

もっとだいたいでいいから
パッと分かったらいいと思いませんか?

簡易計算の方法も紹介します!

簡易的に計算する方法

これが、1ヶ月の在庫保管手数料を
簡易的に計算する方法です!

縦 × 横 × 高さ[cm] / 1000 × 8

シンプルにこれだけで、
ひと月に掛かってくる
概算の保管手数料が計算できます。

1日単位で見ることは
あまり必要ないと思うので、
この計算で大まかに高いか安いかは分かりますね。

これで、仕入れ判断をするときに
どのぐらいのサイズなら
どれだけ費用がかかるのか見えてくるので、
ひとつのモノサシとして持っておきましょう!

FBA料金シミュレーターで保管手数料を確認

Amazon販売にかかる手数料を計算できるサイト
「FBA料金シミュレーター」でも
実は在庫保管手数料を確認することができます。

参考までに、
その方法も紹介しますね!

FBA料金シミュレーター

いつも通りに
商品情報と販売価格を入れて計算すると…

中段にある
FBA手数料”▼”を開くことができます。

そして、その展開された中には
FBA手数料の内訳が表示されます。

fba-storage-fee

ここにある
「月額保管手数料」
を見ると1ヶ月でかかる
FBA在庫保管手数料を
ひと目で見ることができますね。

計算が合っているか
ちょっと心配な場合などは
こちらで自動計算して確認してみましょう!

長期在庫保管について

FBA倉庫にて
365日間以上保管されている
商品については

”長期保管在庫”という、
通常とは別の扱いになります。

そして、その長期保管されている
商品に対する保管手数料が
『長期在庫保管手数料』
です。

fba-summary

通常での保管手数料が
10㎤あたり約8円なのに対して、

長期の保管手数料は
10㎤あたり約175円と、
なんと20倍以上に設定されています。

そして、
その金額が半年に1回
(8月15日、2月15日)
セラーに請求されることになります。

ただし、カタログ保持という理由で、
ひとつの親ASINに対して
在庫1点のみは免除されるので、
2点目以上が課金の対象になります。

また、課金対象の商品については、
こんな風にAmazonから
メールが届いて通知されます。

fba-storage-fee

このメールにも案内が記載されているんですが、
セラーセントラルの
「在庫顕在化ツール」
から詳細を確認ができます。

fba-storage-fee

また、先ほどの画面で
上のタブを切り替えれば、
商品を保管している期間など
より詳細なデータを確認することもできます。

fba-storage-fee

普段から長期間にわたって
在庫を持たないように気をつけたいですが、
対象がある場合は請求が確定する前に
忘れずに次の手を打っておきましょう!

長期保管になってしまう在庫については、
「返送 or 廃棄」
の処置を取ることで、
課金対象から外すことができますよ!

最後に

『中国輸入×Amazon』では
FBAは重要な役割を果たしますので
長いお付き合いになっていきます。

今までこの在庫保管料に
あまり意識がなかったのであれば、
これからはこういった経費にも
しっかり目を向けて管理していきましょう!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『Amazon FBA保管手数料の計算方法と長期在庫保管について』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!