メルマガ登録【限定プレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!
(しかも、ご登録者には+αの特典付き!)

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につけられる!






ビジネスって「ART」と同じやと思うんです。

ビジネスって「ART」と同じやと思うんです。
Pocket

この記事は配信済みメルマガの
バックナンバーとなります!

こんばんは!

最近、見ている番組は
「リアルカイジGP」
橋本です。

今月の15日から
AbemaTVにて配信されてる番組で、
勝者1名の賞金がなんと1億円。

1回戦から順に
様々な勝負事へと
チャレンジしていくんですが、

チャレンジャーには
色んな背景とか理由を持った人がいて
個人的には面白くて好きです。

チャレンジ内容には
かなりエグいものもあって
そこに突っ込む参加者の覚悟を感じました。

(反面、その覚悟をもって
ビジネスに取り組んだら
成功できるんちゃうかな
とも思いました。)

毎週配信されていくので
また次の日曜も見ようと思います。

さて、それでは
今日のテーマへ。

ビジネス = ART

ちょっと質問なんですけど、
今回のタイトル

「ビジネスってARTと同じやと思うんです。」

これあなたは
”ART”
を何て読みました?

おそらくほとんどの場合は
”アート”
って読んだかなと思います。

もしかしたら、

橋本もビジネスを
アートと結びつけてくるなんて
ちょっとはセンスのあること言うんかな。

なんてことを
思ってくださったかもしれません。

先に謝っておきます。
すみません。

答えは、
そのまんま
「エーアールティー」
って読みます。

略した読み方なので
正式にはアシストリプレイタイムです。

…はい、答えは
パチスロの専門用語でした 笑

ほとんどの方は知らないと思います。

(知っていたら楽しく話せそうです 笑)

美的センスのかけらも無くて
申し訳ありません。

でも、ちゃんとビジネスに関する
伝えたい内容はありますので
読み進めてもらえたらと思います。

このARTの意味自体は
全然覚えなくてもいいですし、

かなり噛み砕いて説明しますので
最初はサラッと流してください 笑

アシストリプレイタイムとは
払い出しのあるベルと
再遊戯ができるリプレイが
揃いまくる状態のことで

すなわち、
ARTが続く限りは
ずっとコインが出続ける
って意味です。

そして、

そのずっとコインが出る状態
= お金が出てくること

でもあるので
めっちゃ夢があるんですね。

パチスロを打つ人でも
このARTが好きな方は多いです。

でも、このARTは
そんないいところだけじゃなく
悪いところもあって、

それはARTに入るまでの
ハードルが高いところ。

なかなか入ってくれないので
手元のコインはどんどん減っていきます。

ARTに入らなかったので負ける
とかはよくある負けパターンです。

ただ、一度だけでも
ARTに辿りつければ
あとは惰性でコインが
モリモリ出てくれたりもします。

えー、つまりですね。

ここで言いたいことは

【最初のハードルを越えるまではしんどくても
越えてしまえば楽になる】

ということ。

そして、
それはパチスロだけじゃなくて
ビジネスに置き換えても
同じことが言えます。

例えば、
中国輸入ビジネスでも

・登録関係(Amazonや代行業者)
・商品リサーチ(Amazon・中国サイト)
・FBA納品の手続き
・顧客からの問い合わせ対応
など

最初に覚えないといけない部分はあるし、
初めて取り組む内容ばかりだと思います。

コツを掴むまでは

「思ったより作業が多いな」
「え、これってどういうことなん??」

と感じるかもしれません。

(最初に色々と覚える必要があるのは
中国輸入に限らず、
会社での仕事でも同じですね。)

でも、覚えておいて欲しいのは

“一番しんどいのは最初“

ってことです。

新しい事やから慣れてないだけで、
やっていくとそれが
普通になってきますし

簡単に最初の段階で
挫折をして欲しくないんです。

でも、最初だと
先のことがイメージできないから

「ずっと続くんちゃうか?」
っていう不安も出てきたりして

だんだんと動きが
鈍くなってくることがあります。

ビジネスを始める前に描いていた
自分の予想とギャップがけっこうあって、

最初のしんどさに耐えられない人は
一定数いると思っています。

でも、ちょっと
言い方は悪いかもしれませんが、

挫折をする人がいるから
辞めずに淡々と続けていける人は
成果を出せているとも言えます。

もし、ほとんどの人が
簡単に続けられるビジネスなら
同じことをする人であふれかえって
周りはライバルだらけ。

ビジネスを辞めてしまわずに
継続する側にならないと
成功へは届きません。

有名な話で、

「インターネットを使ったビジネスで
5000円以上を稼げている人は
たったの5%しかいない」

というデータがあるんですが

95%の人のほとんどは
自ら辞めてしまうから
成功しない結果に
なっているんだと思います。

・最初に覚えることが多い
・作業量が多い
・すぐに結果が付いてこない
・やる気がなくなった

もちろん、
全員が全員ではない
と思いますが

そんな感じで、
最初のハードルが越えられず
辞めていくパターンが
多いんでしょうね。

その壁を越えさえすれば
もっと明るい未来があるのに

それを知ってか知らずか
諦めてしまう人が多いのが現実です。

なので、あなたも
仮に似たような気持ちを
抱いたことがあったとしても

それは自然な感情ですし、
そこから立ち止まらなければ
問題ありません。

そして、
最初のハードルを
越えることについて、

ビジネスの成果に
置き換えてみても

“利益1万円を達成させる > 1万円を5万円に伸ばす”

となり、

最初に1万円の利益を出すことの方が
労力がかかります。

自転車のペダルを漕ぐのも
ボートを漕ぐのも

最初のひと掻きが重くて
後からだんだん楽になりますよね?

勢いさえついてしまえば
あとは惰性で進めます。

ビジネスもそれと同じで、
最初のハードルを越えるまでは
ひとつの勝負となるんです。

裏を返すと、
最初の1万円が達成できれば

その5倍になる
5万円を達成させるのは
簡単だってことです。

1万円を稼げると
確証を持てたその手順の中で

・単純に商品数を増やす

だけでもやった分だけ伸びますし、

・もっと安い店舗から仕入れる
・輸送方法を変えてコストカット

など

課題を改善していくことで更に伸びていき
2万円、3万円、5万円、10万円…
と稼げる金額は増えていきます。

1万円を稼ぐまでは
半信半疑な部分もあるでしょうし、
流れが理解できないところも
あると思います。

なので、一度経験して
その不鮮明なところがクリアになり、

利益が出せる現実感を掴めれば
その後はスイスイ進んでいけます。

僕の経験からも
月利10万円を達成するまでより
15万円、20万円を達成する方が
簡単だった印象ですし。

そのため、
僕から一番最初に送ったメールで
お渡ししたマニュアル
【中国輸入の賽】
に沿って

あなたが輸入ビジネスを
実践してもらっていれば

たとえ、序盤で
つまづくところがあったとしても
決して諦めずに
続けてもらいたいです。

【中国輸入の賽(さい) 】
メルマガにてプレゼント中!

今までコツコツ準備してきたこと、
やってきたことでも

辞めてしまったら
そこで終わりですからね。

これからビジネスの
段階が上がるほど、

稼ぐ金額に対する
時間対効果は上がっていくので

そこを目指して
今の自分にできることをする。
(具体的には手を動かす。)

または目指すところが
具体的にイメージできなければ
ある意味、盲目的にやり続ける。

そうすれば、
自然と次のステージに
上がっているはずですよ^^

そのためにも、
途中でわからない箇所が出てきたら

→ まずは調べる
→ 調べても分からなければ誰かに聞く
⇒ 問題解決!

せっかく行動していたのに

「分からへんし、やーめた。」

はもったいないので、

そこが踏ん張り時と思って
ぜひぜひ続けていきましょう!

◆追伸①

つい先日、だいぶ初期の頃から
コンタクトを取って
くださっている読者さんから
久しぶりにご連絡を頂きました。

副業で時間がないなりにも
マニュアルやブログ記事を読み込んで
中国輸入を継続されておられるとの事で、

続けておられることと
またコンタクトを取ってくださったのが
素直に嬉しかったです^^

今後も頼って頂いた分以上に
しっかり還元していきたいと思います。

あなたも気になることがあれば
メールでもLINE@でも
お気軽にご連絡ください。

友だち追加

◆追伸②

今回の内容に関連する
ブログ記事はこちらです。

合わせて読むと理解しやすかったり
問題解決になるかと思いますよ!

◆追伸③

「NANIMONO」
中田ヤスタカ(feat.米津玄師)

この中に歌詞に

~繰り返し向かえ遠く向こうへ
~下手くそでも向かえ遠く向こうへ
~前を見て向かえ遠く向こうへ

とあります。

この前向きなフレーズが
個人的には刺さったので

あなたにも伝えたい
と思い紹介しました。

失敗してもいいし
下手くそでもいいし
周りに何か思われるかもしれんけど

しっかり前を見据えて
何回でもやってみましょう!

それじゃあ今日はこの辺で^^

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)