ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

できないって誰が決めた? “できる理由” を探すという考え方

できないって誰が決めた? “できる理由” を探すという考え方
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『できないって誰が決めた?“できる理由”を探すという考え方』
について解説していきます!

自分の中にある思い込み
行動力を高めるのも、低くしてしまうのも
その思い込みに影響されます

もし、あなたもこんな考え方をしていたら
ちょっと見直してみましょう!

できない理由を並べてない?

can-reason
突然ですけど、
何かを始めようとするとき
あなたならどう考えますか?

会社で成績を上げるでもいいですし、
スポーツの次の大会で勝つでもいいです。

もしかして、はじめから
「どうせできない」
「相手が悪い」

などの諦めの気持ちを持っていませんか?

そういう諦めの気持ちって
イコール ”できない理由 ”です。

「~だからできない」
「~なので無理」

でも、
「できない」「うまくいかない」「失敗する」
なんて誰が決めたんですかね?

それって、全部あなたの頭の中で
つくり上げたイメージじゃないですか?

ありきたりな表現ですけど
できるか、できないかは
そんなのやってみないと分かりません。

もちろん、無理だと思って
次の展開を考えない方が
悩まなくていいから気分としては楽ですけどね。

でも、最初からできない理由を並べると
その後の”考える”を放棄することになります。

どうにかすれば扉が開くかもしれないのに
自ら鍵をかけて開けられなくしてしまっていますね。

自分から未来の可能性を狭くするなんて
そんなもったいないことをしないためにも
ちょっと考え方を見直してみましょう!

できない理由でなく、できる理由を探す

can-reason
大事なのは
できない理由を探すのではなく、
”できる理由”を探すことですね。

これは何に対しても言える言葉です!

例えば
”まったく経験のない素人が
インターネットを使った副業を始めてみる”

とします。

「お前にできる訳がない」
「無理やって」

なんてキツイ言葉を周りに言われても、
それはその言った人の考えであって
あなたがそれに同調する必要はまったくありませんよね。

そんな言葉を気にして
できないという思い込みを持ってしまうと
できるものもできなくなってしまいます。

僕自身、会社の上司に
辞める話をしたときにいろいろ反対されました。

「不安定」
「もったいない」
「本当に生活できるのか」

でも、何を言われても
会社を辞めて独立をする決意に変わりはなく
退職することにしました。

上司と何回も話をしましたが、
これから独立してうまくいく自信がある
ということはしっかり言っていました。

できる理由を考えたら、
将来を現実的に捉えることができたからですね!

あのときに
「そうですね。」
と、サラリーマンを続けていたら

今このタイミングで
このブログ記事を書いていることも
今の生活での充実感を得ることも
絶対ありませんでしたし。

何かゴールがあるときには
できない理由を探すのではなく
できる理由を探しましょう!

具体的にも挙げてみると、

「毎日忙しいけど、どうすれば副業で成果がでるか」
というときには

・会社で残業をしないように効率を考えて仕事をする
・朝1時間早く起きて作業時間を確保する
・あの人でできているんだから自分にもできるはず
・1万円の利益が出たから同じことを10倍すれば10万円になる

理由はなんでもいいです。
3つ目とかはまったく根拠はないですけど
そんなのも含めて、できる理由にしてしまいましょう!笑

そして、
”できる理由”を信じて行動していくと
想う未来が実現できるはずですよ!

自分を見限らない

can-reason

『最強伝説 黒沢』(著:福本伸行さん)
という、マンガの中でも
こんなセリフがあります。

暴走族に襲われていたホームレスを助けるために
何度殴られても立ち上がる黒沢(主人公)を見ていると、
委縮していたホームレス達も奮起したシーン。

その後、暴走族を追っ払うことに成功して
ホームレスが言った言葉です。

kurosawa

あの不可能は何だったんだ…?
あの胸を覆っていた不安……無力感……
結局わしらは意味なく……何の意味もなく……
自分を見限ってたって事じゃないのか…?

オレ達の敵は 暴走族でも…役所でも…お巡りでもなく…
ここ…!ここに巣食う
自分はこの程度っていう思い込み…!
幻想だ……!

『最強伝説 黒沢』

暴走族を追い返すのは無理だと
思い込んでいたホームレスも
実は自分のことを低く見ていたってことです。

初めからできない理由を並べて
できない自分たちをつくっていました。

最後には
感じていた不安や無力感はなんやったのか。
何の意味もなかった。幻想。

とまで言っています。

これはあくまでもマンガの世界ですが
思い込みのパワーが自分を強くも弱くもするという本質は
現実世界でも同じだと思います。

誰も信じてくれなくても、
自分だけは自分のことを見限らないようにしましょう!

自分の力を信じて進むことが大事です!

最後に

最初から、”できない理由”
がんじがらめにされないようにしましょう!

・成功するためには
・結果を出すためには
・目標を達成するためには

できない理由ではなく、
”できる理由”を探して
前に進んでいくことが大事ですよ!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『できないって誰が決めた?“できる理由”を探すという考え方』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!