ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

『Nint for Seller』相乗り・OEMの両リサーチが可能な万能ツール

『Nint for Seller』相乗り・OEMの両リサーチが可能な万能ツール
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『Nint for Seller 相乗り・OEMの両リサーチが可能な万能ツール』
という内容で解説していきます!

最新のリサーチツールである
『Nint for Seller』

まだ謎が多いであろう
このツールについて、

僕が実際に使ってみて
かなり便利だと感じたので
紹介していきたいと思います^^

「Nint for Seller」とは

nint-for-seller

『Nint for Seller』とは…

Amazonのセラー情報、商品情報を
かなり細かい部分まで抜き出すことのできる
ブラウザ上で利用できるツールです。

僕の個人的な感想ですが、
相乗り・OEMの両リサーチが可能な万能ツール
だと思っています。
(しかも、かなり使い勝手の良いツールだと思います!)

『Nint for Seller』

ざっくりですけど、
このツールで引っ張り出せる情報
ざっと並べてみます。

・セラーの売上金額
(セラーの月商、内訳)

・セラー販売商品一覧
(そのセラーが何を扱っているか)

・商品ごとの在庫数、売上、販売数
(1日単位で変動が分かる)

・相似セラーの抽出
(対象のセラーと似ているセラーをピックアップ)

・カテゴリごとの商品ランキング
(売上順、販売個数順で並び替えも可能)

・選択した商品の比較
(商品A、商品B、商品Cの売れ行きなどをグラフ上で比較)

・仕入れリストの利用
(仕入れ候補の商品はブックマークできる)

・各種EXL/CSVデータのダウンロード
(検索結果をデータでダウンロード可能)

などなど…

長くなってしまうので
ここでは書ききれないほど、
まだまだ多くの機能があります 笑

実際の画面はこんな感じです!

nint-for-seller-overview

nint-for-seller-overview

nint-for-seller-overview

nint-for-seller-overview

nint-for-seller-overview

これらのデータを活用していくと、
今までのリサーチ手法や
他ツールからのデータでは
見えてこなかった部分まで見えてくると思います。

僕自身も完全には使いこなせていないので、
ここから試行錯誤しながら、
ガンガン利益に直結させていきたいところです^^

「Nint for Seller」のメリット

「Nint for Seller」のメリット
めっちゃあるんですけど、
ここでは一部を抜粋して紹介していきますね!

セラー情報が丸わかり

最初にもお伝えしましたが、
ツールの活用方法として

【相乗りリサーチ】
【OEMリサーチ】

の両方が可能です。

相乗り商品では
モノレートや現在の在庫数など
いくつも確認することがありますが、

このツールを使えば全部わかるので
かなり手間が省けると思います。

そして、
商品ごとのデータだけじゃなく

・セラーの月商
・扱っている商品数
・どのカテゴリに強いのか
・在庫を補充した、価格を下げたなどの直近の動き

こんなことまで
分かってしまいます。

このセラーデータを見ていると、
パワーセラーが一目瞭然でわかるし、
そのセラーが日頃どんな動きを取っているかも見えてきます

そこから相乗り商品を見つけたり、
参考にしてOEM商品の開発にも
繋げられそうですね!

動作が軽い

「Nint for Seller」は
動作がめちゃくちゃ軽いです!

(これはめっちゃビックリしました 笑)

僕はパソコンにインストールして、
ソフトを起動してからデータを取得するタイプの
別ツールも使っていますが、
比較しても全然違いますね

これはこのツールの製作元の技術力が
かなり高いからみたいです。

実際、楽天市場やYahoo!ショッピング用に
このツールの元となったものがリリースされていて
かなり好評らしいので実績はありますね。

動作が軽いということで
ストレスなくリサーチができるので
スイスイ進んでいきます!

過去のデータが確認できる

あとは、このツールでは
毎日蓄積されていくデータを
参照して情報を出してくれるので、

商品を登録した時点から
過去にさかのぼってデータを見る
こともできます!

たとえば、
”直近1ヶ月で売上○○万円”
”ある商品の先週の販売個数”
とかですね。

商品を登録してから
データを蓄積するわけじゃないので、
2週間とか1ヶ月の待ち期間が
大幅に短縮されますね^^

「Nint for Seller」の料金

「Nint for Seller」の料金は
買い切りや1年分を支払うというものではなく
”月額制”です。

月額の費用は
ランクによって変わってくるんですが、
一番安い料金で5000円ですね。

nint-for-seller-price

つまり、買い取りなどに比べて
初期費用を安く済ませることができます。

とりあえず1ヶ月間を実際に使ってみて
確かめられるってことですね!

使ってみて合わないと思えば
一旦やめることもできるし、
使ってみて合えば
即戦力になります!

また、無料のトライアル期間が設けられているので、
この無料分だけでも試してみる価値はあると思います^^

(僕は無料期間が終わってしまったので
とりあえず1ヶ月使ってみてます!)

nint-for-seller-price

『Nint for Seller』の無料トライアル

最後に

今回は『Nint for Seller』について
どんなことができるのか、
ざっと紹介してきました。

この記事を読んで頂いて、
もしあなたが

「魅力を感じた」
「興味を持った」

のであれば無料トライアルから
使ってみることをオススメします^^

かなりの作業効率アップになるんじゃないですかね?

でも、ツールの導入において
1つ大事なポイントがあります!

リサーチ作業って、
最初からツールに頼ってしまうと
そのツールが使えなくなってしまったときに
何も手が進まなくなります。

なので、自力で利益の取れる商品が
何個か商品が見つけられるようになるまでの間は
自らの手を動かして覚える方がいいと思っています。

そして、自分で体験して
リサーチ方法が身に付いたら、

そこからは時間短縮のために
ツールを導入するのがいいです!

いつまでもリサーチ作業を自分でやっていたら
時間を取られてしまって、
次の段階の作業ができなくなるからですね。

(例えば、相乗りリサーチができたら
次にOEM商品の開発など)

人に任せることができる部分は人に任せて、
ツールに任せることができる部分は
ツールに任せましょう!

そういった点で見ても、
相乗りのリサーチもOEMリサーチもできる
このツールはかなり幅広い対応ができると思います^^

ぜひ参考にしてみてください!

このツールに数多く備わっている機能の
具体的な使い方については、
また別記事で紹介していきますので
そちらも宜しくお願い致します!

◆追伸

ビジネス仲間で中国輸入ビジネス実績者の「sakaiさん」も
この『Nint for Seller』について
開発者:三井さんとの対談形式
詳しく記事を書かれています。

ぜひこちらも参考にしてみてください^^

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『Nint for Seller 相乗り・OEMの両リサーチが可能な万能ツール』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームや
LINE@からご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!