ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

画像の背景を削除!誰でも簡単にできる手順

画像の背景を削除!誰でも簡単にできる手順
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『画像の背景を削除!誰でも簡単にできる手順』
という内容で解説していきます!

Amazonにて新規商品を販売する際には、
登録する商品の画像が
必要になってきます。

また、特定のカテゴリーに対して
(時計やペット用品など)の
出品許可申請をするにも画像が必要です。

しかし、それらの商品画像を
登録する場合にはルールがあって
Amazonにて販売するのであれば
ちゃんと守らないといけません。

今回紹介するのは、
その基準をクリアするために使える
ちょっとした技です。

とても使い勝手がいいので
しっかり身に付けて
使いこなしていきましょう!

<関連記事>

Amazon登録画像のルール

Amazonでの登録画像について、
ルールの詳細を確認してみると…
<Amazonヘルプページ:画像の登録について抜粋>

商品画像の基準
・カラーモード:メイン画像の背景は純粋な白を使用してください。
純粋な白とは、RGB値が (255, 255, 255) で、
Amazon.co.jp の商品検索画面や商品詳細ページによく調和します。
(カテゴリーによっては例外があります。
詳細は各カテゴリーの商品登録規約をご確認ください)
メイン画像に、グラフィックやイラストを使用することはできません。
・商品に同梱されないアクセサリー類、購入者に誤解を与えるようなコーディネート品、
商品の一部ではない文字、ロゴ、透かし、挿入画像も使用できません。
・画像全体の85%以上を商品が占める必要があります。
・サブ画像では、メイン画像では写っていない側面、使用方法、詳細などを表示してください。
白の背景を推奨しますが、必須ではありません。

赤線を引いた箇所の通り、
メイン画像(1枚目の画像)には
白背景しか認められていません。

たとえば、こんな感じの画像は
NGってことですね。
background-edit

ただし、サブ画像(2枚目以降の画像)には
白背景以外もOK
なので、
商品を引き立たせるような
雰囲気の出る写真を使うと
効果的だと思います。

メイン画像に中国サイトの写真を
そのまま使おうとすると
どうしても背景が街並みや部屋だったり、
グレー背景のスタジオ撮影の商品が多いです。

このままでは使えませんので、
ちゃんと画像の背景を削除して
“白”の状態で使いましょう

背景を白くする方法

では、さっそく
画像の背景を削除する手順
を紹介しますね!

使うソフトは『PowerPoint』
又は『Word』です。
どっちでも手順としては同じなので
使いやすい方でやってください。

今回はこの画像で試してみましょうか。

街中で撮影されているので、
背景には車とか柵が入っていますねー。
その辺りをしっかり消していきます!
background-edit

1.PowerPointを開いて、背景を消したい画像を貼り付けます。
そして、画像を選択した状態で
『書式』というタブをクリックします。
すると一番左に『背景の削除』
が出てきますので、ココを使っていきますね!
background-edit

2.『背景の削除』をクリックすると
画像のように四角の枠が出てくる + 一部が紫色になります。

この枠は背景を消したい範囲で、
紫色は今消そうとしている部分です。

紫の部分はあくまでも自動判定なので、
ズボンや顔の一部も対象となってしまっていますね。
background-edit

3.四角の範囲をいっぱいまで広げてあげると、
自動認識の部分も一部変わりました。

うん、そうすると顔が消えないようになりました!

あとはズボンが消えないようにしていきましょうか。
background-edit

4.<手順2>で『背景の削除』をクリックしてから
PowerPoint画面の左上にはこのような
編集ボタンがあります。
background-edit
説明すると、こんな感じです。

『保持する領域としてマーク』:消さずに残しておきたい箇所を選ぶ(プラスマークで表示)
『削除する領域としてマーク』:消したい箇所を選ぶ(マイナスマークで表示)
『マークの削除』:付けたプラス、マイナスのマークを消す
『すべての変更を破棄』:元の画像に戻す
『変更を保持』:消す箇所の選択が終わればこれで決定する

自動認識では残すところを
消そうとしたりするので、
けっこう細かい箇所をいじる場合に使います。

5.先ほどの『保持する領域としてマーク』をクリックして、
ズボンの一部に線を入れてみました!

するとズボン全体の紫が消えて、
残すように変更されましたね。

ただし、一緒に股下部分も
残すようになってしまったので、
ここには『削除する領域としてマーク』をクリックして
消す範囲として適用させましょう。
background-edit

6.<手順5>を何回か繰り返して範囲を決めたら
『変更を保持』をクリックして完成です!

きれいサッパリ背景が消えたので、
”白背景”というAmazonの基準を
満たすことができました!
background-edit

最後に

この”画像背景を削除する”という技は
実は他でも応用が効きます!

たとえば、
ヤフオク出品用の画像
なんかが挙げられますね!

商品画像はお客さんの購買意欲を左右する
重要なポイントとなりますので、
ぜひこのテクニックを参考に
画像を工夫してみてください☆

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『画像の背景を削除!誰でも簡単にできる手順』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!