ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

たったこれだけ?人生のタイムリミットを意識する

たったこれだけ?人生のタイムリミットを意識する
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『たったこれだけ?人生のタイムリミットを意識する』
という内容で解説していきます!

普段生活していて、ふと
「残りの人生ってどのくらいかなー」
と考えたことはありますか?

ざっくり、あと○○年ぐらいか
って考えるのもいいんですけど、
ちょっと見方を変えてみると
これからの意識が変わりますよ!

人生は無限じゃない

time-limit
「人生 = 時間」です。
そして、時間は無限ではありません。

誰にでも時間は平等に与えられていて、
いつかは終わりがきます。

そして、その終わりまでの時間は
退屈と感じながらダラダラ過ごしても
充実した時間を過ごしても同じように近づいてきますね。

とても当たり前なことですが、
この”人生は無限じゃない”ということを再認識するのが
毎日を充実させていくには大事だと思います!

そこで、ちょっと違った視点で
残りの人生(時間)について考えてみましょう。

この方法でも意識が変わるはずです!

人生のタイムリミットはどのぐらい?

time-limit
あなたの人生のタイムリミットはどのくらいでしょうか?

あるデータによると
現在の日本人の平均寿命は
【男性:80.75歳】
【女性:86.99歳】
らしいです。

僕の場合は27歳なので、
平均の81歳までの残り年数は
54年になります。

こうやって聞くと
「まだ50年以上もあるんやなー」
って感じますが、

学生時代とか就職してすぐとかでも
まだまだ長いと思いながらも、
気が付けば時は過ぎています。

・学生 ⇒ 社会人
・1年目の新入社員 ⇒ 5年目の中堅社員
・独身 ⇒ 結婚

といった感じで、
いつの間にか年月は過ぎていますね。

歳を取ると時間が過ぎるのが早い
って良く言いますけど
本当にそう思います。

…すいません、
ちょっと話がそれたので戻します 笑

残りの年数が54年。
これを単純に1年365日で日数になおすと
”19710日”

残り50年以上もあるのに
なんか一気に短くなった気がしませんか?

あなたの年齢が

20歳であれば、
残り61年間で”22265日”

30歳であれば、
残り51年間で”18615日”

40歳であれば、
残り61年間で”14965日”

この日数が
人生のタイムリミット
になります。
(※実際何年生きられるかは分からないので平均で試算してます)

明日になれば1日減って、
1ヶ月が経てば30日も減ります。

年数で見ていた時には
なかなか減らない数字ですが、
日数にすれば
毎日、目減りしていきます

タイムリミットが
年数にしても、日数にしても
本質的には何も変わっていませんが、

日数にしてカウントダウンが
進むのが見える分、
自然と一日一日が大事に見えてくる
と思います。

ぜひ一度、
あなたの人生のタイムリミット
計算してみてください。

人生最後の日として考えてみる

time-limit
日常の中で
あなたにもこんな経験はありませんか?

せっかくの休みに
ダラダラ・ゴロゴロ。

寝て・起きて・ご飯食べて・寝て・ご飯食べて…
みたいなこともですね。

夜になってから、
「結局この休み何してたんやろ?」
って思うやつです。

僕もヒマさえ見つけば
パチンコ屋に向かっていたので
よくこう思って後悔していました。笑

タイムリミットが近づいているのに
何も残ってない日があるのは
ちょっともったいなくないですかね?

スティーブ・ジョブズが
影響を受けた言葉で、
こんな言葉があります。

「その日1日を人生最後の日だと思って生きなさい」

そして、スタンフォード大学で
おこなったスピーチの中でも
このことについて話されています。

「その日一日を人生最後の日だと思って生きなさい」
という言葉に出会って、以来33年間、毎朝鏡を見て自分自身に問いかけた。

もし今日が人生最後の日だとしたら、
今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

つまり、
今日が人生最後の日と思えば
やりたいことを思いっきりやれる

ということですね。

スゴイ言葉だと思います。
でも、確かにそうですよね。

今日が人生最後の日だとして、たとえば
「家族旅行したかったなぁ」
「もっと美味しいモノ食べたかったなぁ」
って思ったり、

「作品を完成させたかった」
「月収○○万円稼ぎたかった」
みたいに、
後悔することが出てくると思います。

でも、そうやって出てきた気持ちや考えが
本音に近いものだと思います。
自分に質問してみるのも
めっちゃいいことだと思います。

その感情が行動への原動力にも繋がるし
一回考えてみてはどうでしょうか?

人生長いと感じたなら

time-limit
先ほどは、
”人生の残り年数を日数にすると短く感じる”
って話をしました。

でも逆に、
先ほどの計算で
人生長いな
って感じたのなら

あなたの今の生活に、
そして、今のあなた自身に
満足していないんじゃないですかね?

「今の会社で仕事をする人生がまだ40年もあるのか」
「こんな自分とあと50年も付き合っていくのか」

もし、そんな風に思ってしまったとしても
それはそれで受け入れましょう。
全然オッケーです!

僕もこのビジネスを始める前…
会社員時代はまったく同じでした。

明日も来週もこの仕事をして、
来年も、5年後も、10年後も…
「えっ、定年までずっと続くんか?先が暗い。」
なんてことを、
めちゃくちゃ考えていました。

だいぶ病んでましたね 笑

でも、そうやって感じたからこそ
今の自分がいるし、
そんな過去にも意味があったと思えます。

あなたにも今の仕事や家庭環境で
悩み・不安はいろいろあると思いますけど、
それは今日までのあなたです。

明日からの残りの人生を創っていくのも
間違いなくあなたなので
それなら気持ちを前に向けた方がいいと思います!

おじいちゃん、おばあちゃんになった時に
「もっと違う人生が良かったな」
って思うのはやっぱり嫌じゃないですか。

始めるのにきっと”遅い”はないです!
後悔のないように
自分を変えていきましょう!

そして、やりたいことが見つかれば
”まだまだ時間が足りない”
って感じるようになるはずです!

そうなれば
人生楽しめてるな♪と思いますよ。

最後に

人生のタイムリミットについて
僕の感じることを書いてきましたが

この記事があなたの
・残りの人生を考えてみるキッカケ
・行動の原動力

になれば嬉しいです。

もしも、行動するのを渋っているとき、
「なんか今日は動きたくないなー」
「明日でいいかなー」
って感じたときには
ぜひこの内容を思い出してください。

新しい明日を創っていきましょう!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『たったこれだけ?人生のタイムリミットを意識する』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!