ご挨拶

はじめまして!
当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!
運営をしている橋本啓佑と申します。

このブログでは僕の実践している『中国輸入ビジネス』について
基本的なノウハウからすぐ使えるテクニック、最新情報までをプレーヤー目線で発信しています。

また、僕自身が経験してきたことを
”3つのステップ”にまとめていますのでぜひご覧ください^^

【初心者の方はこちらからどうぞ!】

<Step1>「中国輸入って何?」と思う初心者でも大丈夫!中国輸入ビジネスの始め方

<Step2>サラリーマンの副業や主婦の在宅ワークでもできる?

<Step3>中国輸入をやってみたい!じゃあ何からすればいい?

≪Amazon≫FBA納品不備の注意ポイントと解決策

≪Amazon≫FBA納品不備の注意ポイントと解決策
Pocket

こんにちは!
橋本です。

今回は『Amazon FBA納品不備の注意ポイントと解決策』
という内容で解説していきます!

商品をFBAに納品することで、
あなたに代わって
Amazonが配送してくれますが
FBA納品にもルールがあります。

この守らないといけない
ルールを知らないと

利益が減ってしまう
ことにも繋がりますので
ぜひ覚えておきましょう!

<関連記事>

納品不備とは?

まず、納品不備とは?
について説明しますね!

最初に言ったように、
FBAに商品を納めるときには
守るべきルールがあります。

そして、そのルールを
守っていない状態で、
FBA倉庫に納品しようとすると
『納品不備』という扱いになります。

例えば、ルールの中には

・梱包の仕方
・商品に貼るラベル
・輸送箱のサイズ など

がいくつかあって、
スムーズに納品を進めるために
決められたものです。

詳しくはこちらの記事と
Amazonヘルプへどうぞ!
<関連記事>

Amazonヘルプページ

このルールは
FBAを利用するうえでは
絶対に守らないといけないものなので、
出品者は納品時に注意しましょう!

納品不備になるとどうなる?

では、次に
”納品不備になるとどうなるか?”
って話です。

基本的に納品不備になっても
イイコトはありません。
あるのは良くないことばっかりです。。

具体的にはこんなことがあります。

・手数料が取られる
・商品の販売が遅れる
・受け取ってもらえず着払いで返送される
・販売不可在庫となる

うーん、できるならどれも避けたいですね。
ひとつずつ見ていきましょうか!

◆受領作業の手数料がかかる

これは納品不備時にAmazon側で
修正なり再梱包をして
正しく納品する場合に
発生する費用です。

これがその
受領作業の手数料明細
になります。
inadequate-deliveries

”ラベルが正しく貼れてない”
”改めて梱包が必要”
などの作業内容によって
費用が変わってきます。

しかも、見ての通りで
2回目以降の納品不備については
倍額になってます。

Amazon的にも
受領作業にかかる工数を
できるだけ抑えたい

ってことですね。

◆商品の販売が遅れる

これは納品不備になった場合に
出品者に問い合わせをしたり、
受領作業をしている間は
商品が販売できない状況になる
という意味です。

つまり、出品状態なら
ガンガン売れる商品でも
売れる状態になっていないので、
販売機会を損失していますね。

この販売機会の損失って
直接の赤字ではないんですけど、

ビジネスである以上は
利益が出る商品の在庫は
切らしたくないです。

実はかなりもったいない部分なので、
できるだけスムーズに納品
していきましょう!

◆受け取ってもらえず着払いで返送される

これは、そもそも輸送箱のサイズが
基準オーバーしている場合
なんかに起きます。

しかも、サイズが大きい場合だと
着払い時の費用もめちゃくちゃ高いので
特に気をつけましょう!

【輸送箱の基準】
inadequate-deliveries

◆販売不可在庫となる

これは、納品した商品の
パッケージが破れていた場合
などに起こりますね。

せっかく新品で納品しても、
配送時の問題で破れたりすると
残念ながら”即お蔵入り”
になってしまいます。

そうなってしまったら
とりあえず落ち込まずに、
次の手を打ちましょう!

販売不可在庫になったら
Amazonでは販売できませんので
「返送」or「廃棄」です。

この件についても
詳しく解説していますので
別記事を参考にやってみてください!

<関連記事>

納品不備の解決策

それでは、
納品不備の解決策を紹介します。

1.まず、納品不備が発生するとAmazonからこんなメールが届きます。

初めてこれが来たときは、
かなりヒヤっとしたのを覚えています 笑

とりあえずこのメールは置いといて
内容を確認しましょう!
inaqewuate-deliveries

2.セラーセントラルにて『在庫』→『FBA納品手続き』を選択します。
inadequate-deliveries

3.納品プランの管理画面にて『納品不備一覧』
という箇所があるので開きます。
inadequate-deliveries

4.そして、納品不備がある場合には
ここにどんな問題があるのか表示されています。
(※現在、納品不備が無いので画面には出ていません)

あと、右下の
『納品不備レポート』をクリックすると
過去何日間かの詳細を確認できます!
inadequate-deliveries

5.納品プランの管理画面に戻って
納品不備となった納品プランを開くと、
こんな感じでプランの中身が見えます。

ここから『解決』ボタンを押すと
詳細が見えてこの問題に対して解決できます。
inadequate-deliveries

※補足※
納品不備の内容によっては
別途、メールや電話が来るかもしれませんので
状況に応じた対応をしましょう!

分からないことは
テクサポに聞けば
丁寧に教えてくれますので。

<関連記事>

納品不備にならないために

納品不備とならないためには…
当たり前ですが、
納品手順を進める際に
情報を間違えないことです。

・商品数
・商品ラベル、配送ラベル
・配送業者
・輸送箱の設定

などの情報が合っているか
納品画面にてしっかり確認しましょう!

僕自身、思いっきり
配送ラベルを間違えて
こんな状態になったこともありました 笑
(…結果は、テクサポに連絡して納品してもらえました☆)
inadequate-deliveries

また、原因の中には
あなた自身でおこなう納品手続きとは
別問題の場合もあります。

それが代行業者での作業ですね。

FBAが受け取ってくれる輸送箱の大きさを
代行業者の担当者が知らなかったり、
梱包が甘くて商品がバラバラになった
というケースもあります。

そういったことが起こった場合は
「輸送箱の大きさの基準はこれです」
「商品がバラけないよう梱包してください

と代行業社へ指示を出して
再発防止としましょう!

最後に

これで納品不備についての知識と注意すべきポイント
が、分かってもらえたかと思います。

特に納品不備になって、
販売の遅延とか手数料がかかってしまうと
利益にも影響してくるので、
この機会に意識するよう心掛けましょう!

<関連記事>

それでは今回はここまでとしますね。

今回の内容は『Amazon FBA納品不備の注意ポイントと解決策』でした!

記事のことで何かご質問があれば、
お問い合わせフォームからご連絡ください(^-^)

最後までお読みいただいてありがとうございました!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)

メルマガ登録【登録者限定のプレゼント付き】

mailmagazine

橋本がサラリーマン時代に副業で実践してきた中国輸入ビジネスのノウハウや
押さえるべきポイントを100以上の動画を含んだコンテンツに集約!

期間限定で、ゼロからはじめる輸入ビジネスのスタートアップマニュアル
【中国輸入の賽(さい)】メルマガ登録者にプレゼント!

「中国輸入ってなに?」「何から始めたらいいの?」という初心者でも、
安定して月収10万円以上を生み出すスキルを身につける!